男女高校生のウズベキ生活
*
ホーム > 風景 > 為替相場を読む

為替相場を読む

「スプレッド」とはFX取引は通貨を売買して儲けを狙う取引です。

トレードの値段は、二十四時間上下しています。

それが為替相場です。

 

テレビを見ていると、通貨の為替の話題が流れることがあります。

 

見かけるのが、「現在のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを意味しています。

 

別の表現をすると買いと売りの両方の価格が存在する事を示しています。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示しているFX業者もあります。

 

通常は買値よりも売値が小さく決定されています。

 

現実に買値は高く、売値は低くなるのが普通です。

 

この差額をスプレッドといい、FX取引会社の稼ぎの一部になっています。

 

スプレッド幅はFX業者によって変わります。

 

スプレッドは投資家にとって支出となるので低いFX業者をピックアップしたほうが有利です。

 

ただ、状況に応じてスプレッドの狭さは大きくなったり小さくなったりします。

 

仮に通常は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの幅だとしても相場の動きがかなり激しい場合には1銭よりも大きくなったりするのです。

 

という訳で、スプレッドが低いのと、固定しているということが不可欠です。

 

最近では固定でスプレッドの広さを示すFX取引会社もいろいろあります。

 

リアルにFX取引会社の売り買い画面上でレートを確かめなければ見分けられないので面倒ですが必要不可欠な事です。

 

貴重な資金を投資して売買をするわけですから実際のエントリーの前に、心惹かれたFX取引会社の取引口座開設を全てして提示されているスプレッド幅を確認しましょう。

 

同じ通貨のペアでも、その瞬間の為替相場の条件によって外貨のスプレッドの差は異なります。

 

通常、インターバンク相場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが狭く別の外貨ではスプレッドの幅が拡大する傾向にあります。