男女高校生のウズベキ生活
*
ホーム > 日記 > トレードの値段

トレードの値段

「スプレッド」とは外為取引は外貨を売買の注文をして利益を生む商品です。

トレードの値段は、二十四時間上がったり下がったりします。

 

それがマーケットです。

 

インターネットでニュースをみていると、通貨のレートのニュースが流れる場合があります。

よく見かけるのが、「ただいまのマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを言い表しています。

 

すなわち、取引には、買いと売りの2個の値が存在するのです。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表しているFX会社もあったりします。

 

一般的に売値が小さくなるものです。

私達が買値は高く、売値は安くなります。

 

この差をスプレッドといい会社の利益の一部になっています。

スプレッドはFX会社によって異なります。

 

スプレッドの幅は手数料になるので小さい取引会社をセレクトしたほうが得です。

ただし、同じFX取引会社でも場面によってスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。

 

もしも通常は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの狭さでも市場の変化がかなり激しい場面では1銭よりも広くなったりします。

http://ameblo.jp/swe4r5tp/

という訳で、スプレッドが狭いのと共に変化が小さいのが必要です。

 

変わらないスプレッドを提示するFX取引会社も多くあったりします。

 

現実に取引会社の注文画面の上で本当の相場を確かめなければ判別できないのですが、肝心な事です。

 

多額のお金を賭けて売り買いするわけですからリアルなエントリーの前に、魅力的に思えたFX業者の口座開設を積極的にして提示されているスプレッドの幅を点検しましょう。

 

同じ通貨ペアでも市場の状態によって通貨ペアのスプレッドの広さは異なります。

 

おおむね、インターバンク相場で売買高が多いペアではスプレッドが小さく残りの通貨ではスプレッドが大きくなる傾向にあります。

 


関連記事

「てさぐれ!部活もの」の魅力
皆様は、「てさぐれ!部活もの」というアニメをご存知でしょうか? これは3DCG....
ご飯とパン
ご飯とパンどっちが好きですか?炭水化物が好物なので難しいですが、   ...
トレードの値段
「スプレッド」とは外為取引は外貨を売買の注文をして利益を生む商品です。 トレード...
司法機関
特定調停による処理も任意整理による処理とほぼ同じく、各債権者に対して借金の返済を...